狙いを定めて古銭買取にアタックを

レアなコインを見つけることができたら、古銭買取の店にもっていくことでお小遣いになるということを知っている人は、大勢います。けれど、いったいどのコインがレアなのかをわからなければ、先に知ってから探した方が効率がいいでしょう。1円玉では、平成13年度は発行数が極端に少なくてレアものになっています。1枚が50円になりますので、50倍の価値が付いたことになります。1枚なら大したお金になりませんが、複数枚集まれば、金額が多くなったと実感することでしょう。もっとも高価な硬貨といえば500円硬貨ですが、昭和64年がレアというのはよく知られています。ただ、それよりもさらに少ない発行数なのが昭和62年であることは、あまり知られていません。500円硬貨を探すなら、昭和64年とともに、昭和62年も忘れずにいれば、もしかしたら奇跡が巡ってくるかもしれません。古銭買取をしてもらって、考えてもみなかったお小遣いになる可能性ありです。

↑ PAGE TOP